いま話題の青の洞窟でダイビング

青の洞窟は、海水の浸食によって出来た洞窟(海蝕洞)の1つ。青の洞窟は地元では「クマヤーガマ」と呼ばれ、元々は荒天時の海人たちの避難場所であったが、今では沖縄で話題の人気スポットとして賑わっている。

洞窟は岬の岩壁にあいたトンネル状の鍾乳洞で、内部は半水面になっており、水面からでも水中からでも楽しむことができる。洞窟の奥行きは60m程あり、水面から洞窟の天井までは4〜6m程、水中の水深は5〜8m程。「青の洞窟」と呼ばれている由来は、洞窟の入口から太陽光が差し込み入口付近の海水を青い光で満たす仕組みになっており、洞窟全体が青く染まることに由来している。

自然の偶然が重なりあった神秘的な雰囲気を体感することができ、沖縄本島で最も有名なシュノーケリング・体験ダイビングの人気スポットです。

青の洞窟にいる魚達は人に慣れているので、魚達の方から寄ってきてくれます。生息する魚やサンゴの種類の豊富さから、初めてシュノーケリングや体験ダイビングをする方にも最適なスポットです。

暗い洞窟の億に向かって進んでいくと少々不安な気分になるが、振り返って入口方向に目を移した瞬間、名前の由来を理解することができる。
時間帯によって洞窟内の青色にも変化があり何度でも楽しめるポイントと言える。

価格:14,000円〜

料金に含まれるもの
スケジュール
・ダイビング機器のフルセット
・ドリンク(さんぴん茶)
・ランチ
・保险
・送迎(沖縄中部は無料)
・08:00 集合場所に待ち合わせ、もしくはお迎え
・09:00 ダイビング(1本目)
・11:00 ダイビング(2本目)
・12:00 ランチ
・13:00 ダイビング(3本目)
・14:30 解散もしくは送り
体験ダイビング詳細 ファンダイビング詳細